先輩の声4

今から約9年前。
27歳の時に入社させてもらいました。

最初は事情によりアルバイトスタートにさせてもらいました。
趣味(サッカー)の時間をとっていただく為でした。

3ヶ月の契約でスタートでした。当時お付き合いしていた女性に反対されていたからです。今となっては奥さんですが。
業界に対する不安と体裁も良く無いというのは、確かに当時はありました。

しかし、今。

一つの新店舗を立ち上げさせていただき、店長職まで任せてもらってます。

気持ちの変化の経緯経過としては、当時職場で出会った、社交さん達の人柄、考え方、仕事意識の高さ。全てにおいて水商売には無い、有る意味ピュアな人間性に感銘を受けたからです。その子達を管理教育していた当時の店長や副店長
ボーイさんを今でも尊敬しています。

この子達の為に出来る事はなんだろう?
俺に出来る事はなんだろう?
共に稼ぐ為にどうしたらいいだろう?
仲間意識を持つ為にどうしたらいいだろう?
胸張って卒業してもらうにはどうしたらいいだろう?

と考えながら仕事してます。
それが自ずと女の子の入店に繋がり、お店、グループの発展、自分の気持ちの達成感、収入に変わるのが数字で体感出来る業界です。

最初反対していた奥さんも今となっては、オムツ代稼いできてねと言ってます。

自分の仕事に対する意識と誠意があれば、どんな仕事も楽しく出来ると思います。

世の中に不平不満がない人など、そうそういないと思います。
支え合える仲間にいかに出会えるか。作り出すか。

いかに楽しく、いかに考え、いかに達成感を持って色々できるかが人生のポイントだと思います。

まだまだチャレンジャーの気持ちをもってやれてます。

まだまだ上があると思ってます。

人脈は財産です。

これ本当です。

今まで関わった人、全て。
これから出会う全ての人達と共に楽しく歩んで行けるグループを作る為に、自分に出来る事を精一杯やっていきます。

立川店長